第16回循環器physical examination講習会【TRが見える】

TRが見える

循環器のphysical examinationというととかく心雑音をはじめとした聴診所見に意識がいきがちですが、達人たちは視診、触診を大切にしています。
TRを例にあげましょう。TRは最近注目を集めています。PHや左心不全の有無に関係なく中等症以上のTRは予後が悪いことが分かってきたからです。ではそのTRをどのように見つけるかが重要となります。『聴診すればいいじゃないか』と思われますか?実はそうでもないのです。聴診では見つけられないTRが多くあります。もともとTRはMRほど雑音が大きくないことが多いのですが、それに加えて逆流量が増加すると弁尖が離解してしまいむしろ雑音が小さくなることがしばしばです。このような雑音のない(小さい)高度TRを見つけるには視診が一番です。聴診器を使わなくても見るだけで診断がつきます。どんな所見かって?それは講習会でのお楽しみ!!
参加受付はこちらから

メニュー