基礎編(2)クイズ(千本ノック-2)【講師メッセージ】

例えば、脈拍が不整で頻脈の患者さんの頚部を観察して甲状腺腫があれば、”甲状腺機能亢進症かもしれない”と考えると思います。
このように、循環器疾患も聴診前の視診・触診で鑑別疾患や病態が絞り込めることがあります。
また、聴診前に視診・触診をすることで、聴診の質があがります。
音を探しにいく姿勢が生まれるからです。

このセッションでは、見逃したくない循環器疾患の視診・触診について、クイズ形式で解説していきます。
明日からの診療にすぐに役立つ、そのようなセッションになるようにしたいと考えています。

近森病院 中岡洋子

第14回 循環器physical examination講習会開催情報はこちら
メニュー